2014年11月10日

20141110

目の前に有るものが、ただ物質に過ぎないのに、生き生きとして何かを語りかけてくる。そのようなものと毎日暮らす幸せ。それはものに限った話ではなく、街並や景観も一緒だと思っていて、風景を自らのものとして積極的に取り込むことで、それらに対する興味と美意識を高めようとしているとも言えるのかもしれない。

先月、マドリードに行きました。
スペイン現代美術の巨匠と言われている大好きなスペイン出身の画家Antonio López Garcíaアンニオ・ロペス・ガルシア)が、愛するマドリードの景観を数多く描いているのですが、その中で街の中心部のグランヴィア通りを描いた『グランヴィア』


この場所に滞在中何度か行ってぼんやりと街並みを見ていたのですが、景観というのは何も歴史的建造物やすばらしい自然といった誰もがその価値を認めるような大げさなものではなく、自分が毎日暮らしている周囲にある街並、看板、塀や樹木、電線だったり路地裏や草花などそういったありふれたもののことだという現在78歳の彼のメッセージのようなものを勝手に受け取り解釈をしてきました。
自分の外側にただ客観的な存在としてあるものではなく、それは既に自分自身の一部なのだと。もちろんスペイン建築は私にとっては十分に歴史的建造物です。

この絵はロペスが早朝6時30分の「光」を捉えるためにグランヴィア通りに出向き、1974−81年の7年の時間をかけて描き完成をさせたものです。現在PIAGETはROLEXになっていますが33年前と変わらぬ街並でした。
昨年、文化村ミュージアムでの日本初大規模個展で大感激をたのですが、あの感動は今も鮮明に覚えています。

大切にしている物と同じように、ある人にとって心地よい景観は生命感を持っている。命があるというのは繋がっているということのように、それは過去との連続性であり、また記憶の連続性であり、特定の人と人または人と物との繋がりでもあり、それらが重複して絡み合った複雑さがそこにある。人は身近な道具、住宅、環境を自分の一部として織り込みながら自分の居場所を作り上げる。どんなに素晴らしいとされている器でも、それがどのような場所にどう置かれるか、どう使われるかによって美しくも醜くもなる。このような空間の美しい使い方は日本人の侘び寂びの美意識の中に昔から織り込まれていて、シンプルだけど冷たくない、端正で風通しの良いもの。

当然の事ながら景観を個人が所有する事は出来ない。名物的な景観を除いては、それを保存しようとする法律も規制も日本には皆無と言ってよい。

33年前の絵と変わらず存在する街並に触れた時に、再び開発ラッシュの幕開けをした現在の東京の姿を思う。東京オリンピックも控え、今後は青山通りも生まれ変わり、新国立競技場も出来て第二六本木ヒルズや渋谷桜ヶ丘の再開発、有明周辺のタワーマンションの建設ラッシュ、銀座や日本橋地区も大きく様変わりをする。東京は世界でも類を見ないほど次々に姿を変えていく都市。道なきところに道が出来て、街なきところに街が出来ていく。
そんな再開発、都市開発で変化する東京が好きだったりもするけれど、もしかしたら景観に対する関心がほとんどの日本人には無いのかも・・・と思う事も。もちろん、主義主張を声高々に叫んだり、自分の美意識を他人に押し付けようとするのではない。毎日通る道にあった感じのいい住宅がある日突然取り壊されてマンションに建て替えられた時は心に痛みのようなものを感じる。

失われていくものに対する単なるノスタルジーでもなく、ただ借景という素晴らしい技法や情風景というものを考えたとき、私が窓から見る景色は一体誰のもの、と思う。

マドリードは滞在中の友人達のお陰でとても楽しく過ごせました。感謝です。